MENU
Japanese English

NEWS

お知らせ
2018.09.07

繊研新聞に「初の東京単独展」について掲載していただきました

繊研新聞に「初の東京単独展」について掲載していただきました

2018年9月7日付 繊研新聞に「初の東京単独展」について掲載していただきました

以下、繊研新聞より転載

——
初の東京単独展開く
シルク中心の長谷川商店「糸・編み地から製品まで」

シルクを中心とした天然繊維を扱う長谷川商店(愛知県一宮市、長谷川勝社長)は、初の東京単独展を開く。

シルクの色糸卸からスタートした同社は、市場変化や顧客ニーズへの対応として編み地、製品提案及び製品のODM(相手先ブランドによる設計・生産)まで業務を広げてきた。
並行して製造設備の増強、企画スタッフの増員も力を入れてきた。設備では多様な撚糸機を備えるだけでなく、丸編み機に続いて島精機製作所の自動編み機を導入。自動編み機は3ゲージから16ゲージまで対応する。
またセーターやニット雑貨を中心とした製品は見本提案から始まったが、顧客からのODMの要望が増加。同社の糸を使った多品種少量・短納期型の製品納入事業が増えている。
これを受けて編み地のデザイナーだけでなく、製品企画専門のデザイナーも4人まで増やした。

東京での単独展は130平方メートルの展示面積で事業内容を紹介する。
シルクやカシミヤ、ウール、オーガニック綿などを使ったストレートや意匠の色糸を200マーク、異素材組み合わせや多様なカラー展開を特徴とする丸編みやセーターなどのニットウェア見本100点、靴下やマフラー、帽子などのニット雑貨50~60マークを展示する。
併せてシルクを中心として原料調達から強みを発揮している点、撚糸や糸染めにオリジナル性を強調する自社加工糸、編み立てから縫製、仕上げまで一貫の製品対応の現状も紹介する。

さらに50%まで拡大した、欧州ラグジュアリーブランドなどの海外市場との取り組みをベースにした差別化企画提案の現状も訴える。
同社はアパレルメーカーやセレクトショップ、百貨店など2000社に招待状を発送。「来年3~4月に次回展を予定する」(長谷川社長)など、事業内容の発信を強める。
——

HASEGAWA CORPORATION 1st EXHIBITION 「シルク+(プラス)」
日 時:2018年9月19日(水)~21日(金)
    19・20日 10:00~19:00
     21日  10:00~17:00
場 所:Chromatic Galley
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目33-5 パークノヴァ神宮前
    ◆JR 山手線「原宿」駅(竹下口)より徒歩8分
    ◆東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅(5番出口)より徒歩8分
概 要:シルクを中心としたストレート、意匠糸の見本帳や編み地・製品見本、ODM(相手先ブランドによる設計・生産)事業の紹介。
お問い合わせ先:TEL:0586-51-4318  Mail:sales@hsgwc.co.jp

●会社ホームページのオリジナル自社製品の紹介ページが出来ました。
 https://www.hsgwc.co.jp/original_products

アーカイブ

長谷川商店イメージ01
長谷川商店イメージ02
長谷川商店イメージ03
長谷川商店イメージ04
長谷川商店イメージ05
長谷川商店イメージ06
長谷川商店イメージ01
長谷川商店イメージ02
長谷川商店イメージ03
長谷川商店イメージ04
長谷川商店イメージ05
長谷川商店イメージ06
PAGE TOP