MENU
Japanese English

FEATURE

加工へのこだわり

加工スキルのさらなる向上を目指して

数々の先進設備やソフトを使いこなし、さらなる加工品質の向上を図るため、社内勉強会をはじめとした社員のスキルアップに努めています。
また機器のオペレーションや技術・知識に優れた即戦力の積極採用により、スキルや情報の共有にも取り組んでいます。
国内外への適切な技術指導なども着実に実施して、工程全体を通しての高品質なモノづくりの実現を図ります。

先進の設備導入実績 - イメージ
01

先進の設備導入実績

2000年以降、自社内一貫生産という方針のもと、生産ボリュームの拡大と加工品質向上を実現するために、様々な設備機器を導入しています。

代表的な設備導入例 - イメージ
02

代表的な設備導入例

マッハコーナー:エアースプライサー&ウースターカンタム(色糸感知)を本社内に導入し、入出荷の品質リメイクを開始。
新型丸編機:2007年に福原精機製の各種丸編機を本社内に導入。生地の自社生産・販売が可能になり、多くの要望に応えられる体制を実現。
プロセスコーナー:原糸の品質リメイクと染糸の高品質仕上げを実現するため、プロセスコーナー&ウォータースプライサー&ウースターカンタム(色感知)を本社内に導入。
デザインシステム:3Dバーチャルシミュレーションに対応したデザインシステムソフト(島精機SDSONE-APEX)と、最新鋭の自動編機10台を本社内に導入。自社糸を使用した製品開発をスタート。

ミラクルモーメントを逃さない - イメージ
03

ミラクルモーメントを逃さない

海外デザイナーから「新しい糸、新しい製品がほしい」と相談があった場合には、即座にサンプル製造し、最短時間でデザイナーの手元へとお届けしています。
お客様が私たちに何かを要望するその瞬間が、「ミラクルモーメント」。
欲しい、と思った瞬間を絶対に逃さないのが私たちのモットーです。
自社内でのサンプル製造・加工の体制を整え、この瞬間への精一杯の対応を何より大切にしています。

加工スキルのさらなる向上を目指して - イメージ
04

加工スキルのさらなる向上を目指して

数々の先進設備やソフトを使いこなし、さらなる加工品質の向上を図るため、社員のスキルアップに努めています。
また機器のオペレーションや技術・知識に優れた即戦力の積極採用により、スキルや情報の共有にも取り組んでいます。
国内外への適切な技術指導なども着実に実施して、工程全体を通しての高品質なモノづくりの実現を図ります。

長谷川商店イメージ01
長谷川商店イメージ02
長谷川商店イメージ03
長谷川商店イメージ04
長谷川商店イメージ05
長谷川商店イメージ06
長谷川商店イメージ01
長谷川商店イメージ02
長谷川商店イメージ03
長谷川商店イメージ04
長谷川商店イメージ05
長谷川商店イメージ06
PAGE TOP