MENU
Japanese English

NEWS

お知らせ
2021.10.20

tu na giプロジェクトが「2021年グッドデザイン賞」を受賞しました

tu na giプロジェクトが「2021年グッドデザイン賞」を受賞しました

 

tu na giプロジェクトが「2021年グッドデザイン賞」を受賞しました。
次世代の環境作りに貢献する「今と未来を繋ぐ糸の架け橋」

当社のtu na giプロジェクトが、このたび2021年グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。本プロジェクトは、環境保護に貢献できる仕組みを追求しながら生活シーンに調和するデザインに取り組んだ結果、高く評価されました。当社では今回の受賞を契機にtu na giプロジェクトの販売拡大を図るとともに、ものづくりにおけるデザインの活用を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に務めてまいります。

<製品名称>
tu na giプロジェクト/プルオーバー

<製品概要>
「何も無駄にしない」をコンセプトに材料ロスをゼロにする。この大きな目標に向けてtu na gi projectを立ち上げました。1本1本の残糸を繋いで再生された「tu na gi yarn」は環境負担を減らす方法の1つです。

<デザイナー>
株式会社長谷川商店 企画部ニッティングdiv. チーフ 八橋徹

<デザイナーからのコメント>
この度は素晴らしい賞を頂き誠にありがとうございます。
私どもの「何も無駄にしない」という想いが商品に繋がり、それが評価されたことをとても嬉しく思っております。
今後も長谷川商店ならではの素晴らしいシルクを世界中の皆様に届けていきたいと思っております。
また、この場を借りてプロジェクトにご尽力いただいた多くの方々に感謝申し上げます。

<グッドデザイン賞審査委員による評価コメント>
環境保護に繋がる廃棄物の少量化に際し、大規模に絹製品を製作する企業だからこその着眼点が製品として実現されたところに創造性とオリジナリティがある。残糸をスムーズに結ぶ技術を開発し、自然な形の布地が再生された。また、色彩の組み合わせにも偶然性の中にデザイン性を感じられ、そのような配慮についても評価できる。シンプルな衣服のラインも一定の高級感を伴い、単なるリサイクル商品とは異なる、使用者の満足感にも訴えるものがある。

<グッドデザイン賞ウエブサイトでの紹介ページはこちら>

アーカイブ

長谷川商店イメージ01
長谷川商店イメージ02
長谷川商店イメージ03
長谷川商店イメージ04
長谷川商店イメージ05
長谷川商店イメージ06
長谷川商店イメージ01
長谷川商店イメージ02
長谷川商店イメージ03
長谷川商店イメージ04
長谷川商店イメージ05
長谷川商店イメージ06
PAGE TOP